HOMEBRAKESCV SUPER LOCK > 当たり付けについて

当たり付けについて


本製品を装着してハードな走行をされる場合は、「当たり付け」が必要不可欠になります。車両やその仕様、走行されるコースやブレーキング操作の仕方によっても、当たりが付くまでの時間は変りますので、ダイレクトな効きが感じ取れるまでは「当たり付け」作業を行って下さい。

当たり付けのやり方

サーキット等の高速走行が可能な場所で、後続車のいない事を確認のうえブレーキを数回強く踏み、最後により強めに踏み込んでローターの温度を上げてください。

すると少しずつパッドとローターの接地面積が増え、ブレーキの効きが上がって行きます。

ブレーキの効きを確認しながらペースを上げて行き、効きが安定してきたところでクーリング走行を行いブレーキを冷却します。

その後何度か強めにブレーキを踏み込む事でブレーキの当たりが付き、安定した制動力を発揮できるようになります。


++9PageTop↑