HOMEよくある質問 > EXAS EVO Tune

よくある質問 --- EXAS EVO Tune

お客様からよくお問い合わせいただく質問をあつめました。
こちらにない質問はお気軽にメールでお問い合わせください。

【EXAS EVO Tune】

車検に対応しますか?

EXAS EVO Tuneマフラーは、ラインアップする全ての車種が、JASMA基準に適合したJASMA認定品になります。JASMA認定品とは保安基準よりも更に厳しいJASMA基準をクリアした製品にのみ認められ、車検に対応します。

※マフラー以外の排気系パーツを交換されている場合や、その他のチューニングによっても排気音量が上がる場合があります。車両によっては、その車両の保安基準を満たす近接排気騒音値を超えてしまう可能性があります。また、ノーマル車両であっても、車両のコンディションや固体差により、製品ページに記載される近接排気騒音値を上回る場合もございます。

JASMA認定マフラーと保安基準適合マフラーの違いを教えて下さい。

保安基準とは国が定めた道路運送車両法の「道路運送車両の保安基準」の事で、自動車やそれに装着される装置等に対する規制です。マフラーにおける主な規制項目としては、「近接排気騒音」と「最低地上高」が挙げられます。近接排気騒音については、フロントエンジンの車両で96dB(平成10年度(平成11年度)騒音規制車)、リアエンジン車両で100dBという規制があります。平成10年度規制以前のフロントエンジン車は、近接排気騒音103dbという基準になっております。最低地上高については、空車状態でエアロパーツ等を除いた車両の一番低い部分と地面との距離が9cm以上でなければなりません。また、JASMA基準では近接排気騒音が95dBb(フロントエンジン以外は98dB)、最低地上高は保安基準と同じく9cmと定めており、保安基準よりも更に厳しい自主規制となっております。よって、JASMA基準をクリアしているという事は、保安基準をクリアしている事になり、車検にも対応するという事になります。同じく平成10年度規制以前のフロントエンジン車は、100dbをJASMA基準として設定しております。

メインサイレンサーの中に、インナーサイレンサーの様な物が付いていますが、このまま使用しても良いのですか?

その部品はEXAS EVO Tuneマフラーを構成する消音パーツのひとつで、パワーファンネルと言います。後付けのインナーサイレンサーとは異なりますので、マフラーから取り外さずにご使用下さい。もちろんそのままご使用頂けるよう開発テストを行っておりますので、スポーツ走行などを行う際にも取り外さずにご使用頂けます。仮に外してしまいますと、排気音量が保安基準を超えてしまう場合もありますので、一般公道を走行する際は絶対に取り外さないで下さい。

マフラーの音質はどのような感じですか?

EXAS EVO Tuneは、車種ごとにサウンドのコンセプトを変えているので、基準となるサウンドイメージは特に設定しておりません。スポーツ色の強い車両には、少し音量の大きめな迫力のマフラーサウンドを、コンフォート色が強い車両には、適度な音量と篭り音の少ない快適な室内空間をコンセプトにそれぞれ開発を行っています。特異な例としては、スイフトスポーツ用が挙げられますが、比較的静かめなマフラーが多く出回る同車種において、EXAS EVO Tuneマフラーは、大排気量ターボ車を彷彿とさせる迫力の重低音サウンドを響かせます。それとは対照に、コンパクトオープンスポーツのコペン用については、オープン走行時に程よく響く中高音域サウンドを基調とし、その音量も同マフラーの中では最も低い方に位置づけられます。同じネーミングのマフラーではありますが、その車種によって全て味付けを変えています。

製品の保証はありますか?

EXAS EVO Tuneを安心してご使用頂く為に、保証制度を設けています。原則として、お買い上げより1年間を保証期間とし、弊社保証規定に基づき、取り付けや取り扱いの不備により発生した症状ではなく、製造上の原因によって生じた不具合については、無償にて修理をさせて頂きます。尚、製品の性質上、ノーマル車両以外への装着による音量増大については、保証の対象にはなりませんので、予めご了承下さい。

パワーチャンバーが有る事で、排気効率が悪くなったりしませんか?

パワーチャンバーはチャンバーの壁面に反響した排気脈動と、入ってくる排気脈動とがチャンバー内で干渉し、互いに相殺する事で音量を抑えております。排気の流れには殆ど影響しませんので、排気効率を落とす事無く音量を抑える事と可能としました。

パワーチャンバーが有る事で、ボディーとのクリアランスに無理はありませんか?

製品開発の段階で、車輌とマフラー(パワーチャンバーも含む)のクリアランスを確保して設置しております。

ローダウン車輌にも対応しますか?

ローダウン車両への装着を想定し、メインパイプを極限までフロアに沿うレイアウトを採用しました。これによりパイプ径を太くしながらも、純正マフラー同等、もしくはそれ以上の地上高の確保を実現しました。ただし、あまりにも車高を下げ過ぎている様な場合ですと、最低地上高が9cmを下回る場合がありますので、装着後は必ず地上高の確認を行って下さい。

製品に取り付けに必要となるボルト・ナット、ガスケットは付属されますか?

取り付けに必要となるボルト・ナット、ガスケットは付属しております。車種により付属品は異なりますので、各車種の詳細ページにてご確認下さい。

マフラーを交換したところ、マフラーから何かが焼けたような臭いと白煙が出てきました。このまま使用しても大丈夫でしょうか?

新品マフラーを装着した後は、製造段階で使用したオイルが焼け、焼けたような臭いや白煙が出てきます。使用していくと徐々に臭いや白煙は収まってきますので、そのままご使用頂いて全く問題ありません。

チタンテールを破損してしまったのですが、テールの単品購入は可能ですか?

補修パーツとしてチタンテールの単品販売を行っています。

EXAS EVO Tuneマフラーはどちらで購入できますか?

全国の量販店、プロショップ、カー用品店、またはGP SPORTS直営楽天ウェブストアにてお買い求め頂けます。詳しくは「SHOP LIST」ページをご覧下さい。

++9PageTop↑