HOMEよくある質問 > G-MASTER

よくある質問 --- G-MASTER

お客様からよくお問い合わせいただく質問をあつめました。
こちらにない質問はお気軽にメールでお問い合わせください。

【G-MASTER】

G-MASTER ProsとG-MASTERのどちらにしようか悩んでいるのですが、それぞれを選択する基準があれば教えて下さい?

まず、G-MASTERシリーズの中でも特に減衰幅が広く、街乗りからサーキット走行まで幅広くカバーさせるよう設計されたモデルが、ベースグレードのG-MASTERです。

減衰力の調整を行う事で、街乗りにも対応する滑らかな減衰特性から、サーキット走行などの高い速度域まで、ドライバーの要求するセットアップが可能です。

スポーツ走行であれば、中級者から上級者の方にお勧めしたいモデルです。G-MASTER Prosは、タイムアタックやレースなど、コンマ一秒を狙うコンペティションにおいて、その真価を発揮するモデルです。

専用設定されたスプリングレートと減衰特性、そこに伸び側のストローク確保に貢献するトラクションスプリングをセットする事で、限界域における細やかなサスセッティングを可能とします。

G-MASTERシリーズの全てに言えるのですが、他社の同等スペックの車高調に比べて価格設定が低いように思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

まず、「良い製品をお求め易い価格で」という言葉は、弊社製品全てに言える共通のキーワードです。

最近では、海外製の安価な車高調も世に溢れておりますが、弊社製品は、全ての構成パーツの組上げと点検を国内で行う体制をとっており、その信頼度と、ご購入後のフォローには自信を持っております。

また、製品を構成する部品の全てを国産とはあえて拘らず、国内で製作したパーツもそうで無い物も、良い部品は良い部品として製品に採用し、それが製品価格を抑えられるポイントの一つにもなっています。更に、アルミ製の各パーツ類についても、比較的シンプルな形状を採用する事で、余計なアルミの端材を出さずに済み、それも価格を抑える要因に繋がっています。

商品を購入時に、バネレートや減衰力の変更は可能ですか?

大変申し訳ありませんが、購入時での仕様変更は受け付けておりません。まずは標準の仕様でその製品特性を知って頂き、必要に応じてバネレート等の変更をご検討下さい。

商品の梱包状態で、推奨車高にセットしてありますか?

G-MASTERシリーズ全てに言える事ですが、装着後に車高や減衰値のセットアップをして頂く事を前提としております。梱包状態では全てのパーツが仮組みとなっており、車高についても特にセットはされておりません。装着の際には、サスペンション各部の確認及び増し締めと、車輌や走行スタイルに合わせたセットアップを行って下さい。

サスペンションの交換作業は、自分でもできますか?

サスペンションの交換は、専門知識のあるショップまたは認定工場等に依頼し、安全かつ確実に作業を行って下さい。

トヨタ車などダブルウィッシュボーン車輌はバネレートがとても高いのですか、それには何か理由があるのですか?

これは、ダブルウィッシュボーンという足回りの構造によるレバー比(ショックとタイヤのストローク比)を考慮したもので、ストラット構造に比べ、バネレートを高く設定しております。仮にG-MASTER JZX90/JZX100用をストラットとして考えると、フロントが約7K、リアが約5Kのスプリングを装着しているとお考え下さい。

サスペンション交換後の慣らし走行は必要ですか?

本製品を装着後は、急なハンドル操作や悪路を避けた慣らし運転を行って下さい。一般道の法定速度に合わせて、100km程度走行して頂ければ良いかと思います。慣らし運転後には、取り付け・調整各部の確認を行い、必要に応じて増し締めを行って下さい。

商品を購入して間もないのですが、ピストンロッドにグリスの様なものが付着しています。
これはオイル漏れの兆侯なのでしょうか?

明らかに滴っているような状況でなければ、ショックの組上げの際に充填されるグリスが付着している可能性が高いです。倒立式ショックには赤色の、正立式ショックには透明のグリスを採用しております。また、ブレーキの放射熱等の影響でグリスの粘度が低下し、一時的にオイル漏れのようににじんで見える時もありますが、何度か拭き取る事でにじみが消えるようであれば、オイル漏れの症状ではありません。

保証期間中に製品にサビが発生しました。これも保証制度が適応されますか?

本製品は足回りパーツという事を考慮し、強度の高いスチール材を採用しております。使用環境や使用状況によってもサビの発生や進行は変りますので、初期不良以外については保証対象外となります。

走行中にサスペンションからゴトゴト音がするのですが、どのような原因が考えられますか?

装着して間もないという事であれば、取り付け後のなじみにより各部に緩みが生じている可能性があります。各部の確認を行い、緩み等があれば必要に応じて増し締めを行って下さい。また、ピロアッパーマウント装着車も、車種によっては車内に響いてくる場合があります。これはピロボールの特性によるものですので、異常ではありません。また、ピロの劣化によるガタも異音の発生に繋がりますので、アッパーマウント付近の異音があまりにも酷い場合は、新品ピロボールへの交換をお勧めします。

ラバーシートやブッシュ類にヘタリが見られるのですが、補修用パーツとして
単品購入は可能ですか?

G-MASTERシリーズの消耗品については、全て補修パーツとしてご用意しております。詳しくは「リペアパーツ」ページをご覧下さい。

購入してからまだ1年未満なのですが、ショックにオイル漏れが発生しました。
製品の保証制度を教えて下さい?

原則として、お買い上げより1年間を保証期間としております。弊社保証規定に基づき、取り付けや取り扱いの不備により発生した症状ではなく、製造上の原因によって生じたオイル漏れ、破損、異音などの症状については、無償にて修理をさせて頂きます。詳しくは「保証制度」ページをご覧下さい。

ショックにオイル漏れの症状が出てきたのですが、オーバーホールは可能ですか?

G-MASTERサスペンションシリーズは、全てのモデルでオーバーホールが可能です。詳しくは「オーバーホール」ページをご覧下さい。

走行時には気付かなかったのですが、車輌をジャッキアップした際に タイヤを手で揺さ振ったところ、ショック本体に若干のブレが生じている事に気付きました。
まだ保証期間内なのですが、この場合も保証の対象になりますか?

倒立式ショックアブソーバーは、フリクション低減のため、シリンダーケースとシリンダーの間に、一定のクリアランスを設けております。構造上多少のブレが発生する事がありますが、異常ではありませんので安心してご使用下さい。あまりにもブレが大きいようであえば、オーバーホールをお勧め致します。

G-MASTER Prosに標準採用されるトラクションスプリングを装着したいのですが、 トラクションスプリングと専用スペーサーの単品購入は出来ますか?

単品購入は可能ですので、詳しくは「リペアパーツ」ページをご覧下さい

オーバーホール時にG-MASTER Prosへの仕様変更は可能ですか?

仕様変更等は行っておりませんが、ショック単体でお買い上げ頂く事は可能です。

装着後はアライメント調整をする必要はありますか?

G-MASTERサスペンションを装着されましたら、必ずアライメント調整を行って下さい。アライメントが狂った状態ですと、サスペンション本来の性能が発揮できないだけでなく、タイヤの偏磨耗にも繋がります。

どちらで購入できますか?

全国の量販店、プロショップ、カー用品店、弊社直営楽天ウェブストアにてお買い求め頂けます。詳しくは「SHOP LIST」ページをご覧下さい。

【車高調整】

商品の梱包状態で、推奨車高にセットしてありますか?

G-MASTERシリーズ全てに言える事ですが、装着後に車高や減衰値のセットアップをして頂く事を前提としております。

梱包状態では全てのパーツが仮組みとなっており、車高についても特にセットはされておりません。

装着の際には、サスペンション各部の確認及び増し締めと、車輌や走行スタイルに合わせたセットアップを行って下さい。

サスペンションの車高調整量と、実際の車高変化量が違うのですがなぜですか?

これは、トヨタ車などに多く採用される、ダブルウィッシュボーンという足回り構造によるレバー比がその原因と言えます。

車種によってもレバー比は異なりますが、スプリングがタイヤに近いストラット構造は、ショックとタイヤのストローク量は1:1ですが、サスペンションアームの中央側にショックがセットされるダブルウィッシュボーンに関しては、ショックの車高調整量よりもタイヤのストローク量が大きく出てしまい、それらの比率がレバー比になります。

希望の車高調整量÷レバー比=ショックの車高調整量となります。

久しぶりに車高調整を行おうと思いブラケットロックシートを緩めたのですが、
ロアブラケットとシリンダーケースが固着しているためか硬くて回りません。
なんとか回るようにしたいのですが、どの様な対策をしたら良いでしょうか?

まず、ロアブラケットとシリンダーケースの固着は、製品を構成する材質上必ず発生します。これは、使用状況や天候状況、気候などによっても変ってきます。

方法としては、市販の潤滑材等を噴布し、十分に浸透してから付属の車高調レンチで緩めて下さい。

その際は、レンチの口穴にスピンナーハンドルを装着し、テコの原理を利用すると、より強い力で緩める事ができます。あまりにも硬い場合には、一度調整方向とは逆方向に回してみると、意外と簡単に固着を解除できる場合もあります。

凄く硬いのは緩め始めだけですので、少し回れば後はレンチだけでも十分回せるはずです。理想としては、年に1〜2回くらい車高調整及びネジ部の洗浄を行っていると、固着をかなり抑えられるはずです。

市販の防錆スプレーを噴布するだけでも、対策になるかと思います。

車高調整を行ったのですが実際に車高を計測すると左右の車高値が違いました。原因として何が考えられますか?

あまり知られておりませんが、新車でも左右の車高が違う事はあります。これは、車両の構造上、運転席側と助手席側の重量バランスが異なるのがその理由です。

もちろん、その車両の装備や積載量が影響するケースもあります。

こういった事を考慮し、車高を調整される前に現状の車高を計測しておくと良いでしょう。仮に調整前は左右差が無く、調整後に左右差が出てしまった場合は、原因として下記のケースが考えられます。

(1) スプリング及びラバーシートが馴染んでいない。
(2) ラバーシートなどの構成部品が欠品している。
(3) 左右のショックのA寸法(図を参照)が異なる。
(4) 左右のスプリングのプリロード量が異なる。
(5) スプリングアッパーシートのロック部が、ショックの切りかきに嵌っていない。
(倒立式ショック)
(6) 取り付け箇所のどこかが緩んでいる。

(1)であれば、街乗りをしていればすぐに解消されますが、それ以外が考えられる場合は、各部の再点検をお勧めします。

【保証制度】

G-MASTERサスペンションシリーズの保証制度を教えて下さい。

原則として、お買い上げより1年間を保証期間としております。弊社保証規定に基づき、取り付けや取り扱いの不備により発生した症状ではなく、製造上の原因によって生じたオイル漏れ、破損、異音などの症状については、無償にて修理をさせて頂きます。

詳しくは「保証制度」ページをご覧下さい。

【オーバーホール・リペアパーツ】

オーバーホールに対応していない海外製サスペンションがあると聞いたのですが、G-MASTERサスペンションシリーズは、ショックのオーバーホールは可能ですか?

もちろん可能です。G-MASTERサスペンションの性能を発揮させるためには、定期的なオーバーホールが必須です。もともと消耗品の集合体とも言えるサスペンションですので、オイルの劣化や各シール類の磨耗は避けられません。

オイル漏れが目視で確認できる場合はもちろん、ステアリングレスポンスが悪くなったり、ふらつきが大きく出るような場合には、オーバーホールで本来の性能に戻される事をお勧めします。

オイル漏れなど明らかな症状が見られれば分るのですが、特にその様な症状が見られないためオーバーホールを行うべきか判断ができません。オーバーホールを行う時期として目安になるような症状や、基準などあったら教えて下さい。

前の問いと内容が被りますが、オイル漏れが目視で確認できる場合はもちろん、ステアリングレスポンスが悪くなったり、ふらつきが大きく出るような場合には、オーバーホールされる事をお勧めします。

また、その様な症状が見られない場合においても、街乗りだけの使用であれば2〜3年(3〜4万キロ程度)、スポーツ走行をされる場合には、1年くらいがオーバーホールの目安となります。

事故等による損傷の度合いによっては、オーバーホールができない場合もありますので、その場合はリペアパーツにて単品購入頂く必要があります。

オーバーホールには大よそ何日くらいかかりますか?

作業開始より1週間〜10日ほど頂いております。

弊社まで製品をお送り頂き、そちらを検品の上、お見積をご提示させて頂きます。お見積り金額にご賛同頂けましたら、オーバーホール作業を開始させて頂きます。

オーバーホールを行うため車輌からサスペンションを外したいのですが、通勤にも使用している車輌のためとても悩んでいます。
期間中に貸し出して頂けるようなサスペンションなどありますでしょうか?

申し訳ありませんが、弊社では貸し出し用サスペンション等はご用意しておりません。

一時的に他のショックに付け替えて頂くなど、交換対応をお願い致します。また、ショックのオーバーホールは定期的に行う必要がありますので、純正サスペンション等は捨てずにお持ち頂く方が良いかと思います。

ラバーシートやブッシュ類にヘタリが見られるのですが、補修用パーツとして
単品購入は可能ですか?

G-MASTERシリーズの消耗品については、全て補修パーツとしてご用意しておりますので、安心してご使用下さい。

詳しくは「リペアパーツ」ページをご覧下さい。

1台分全てのショックをオーバーホールしたいのですが、4本ですと結構な金額が掛かりそうで躊躇しています。
少しでも金額を抑えられればと思っているのですが、お得なオーバーホールパックなどありますでしょうか?

弊社では、G-MASTERをご使用の皆さまに、本来の性能を長く維持して頂けるよう、オーバーホール料金はできる限りリーズナブルに抑えております。

また、ご使用される皆さまの声により、定期的なリフレッシュに最適な『オーバーホールパック』をご用意させて頂きました。詳しくは「オーバーホール」ページをご覧下さい。

++9PageTop↑