解説【アッカーマンアングルとは?】

■アッカーマンアングルについて

アッカーマンアングルとは、ハンドルを切った時の左右のタイヤの舵角差です。通常コーナーの外側のタイヤの方が内側のタイヤよりも切れ角が少なくなっており、スムーズなコーナリングの為に必要なジオメトリー変化です。
切れ角をアップさせる為にナックルのタイロッド取付アームの長さや角度を変更すると、このアッカーマンアングルも変化してしまいます。アッカーマンアングルがノーマルと違うと、ハンドル操作中にハンドルの重さが変化したり、ハンドルが真っ直ぐに戻ろうとするセルフステアが弱くなるなど、ノーマルとは操舵感覚が変わってしまいます。
HYPER KNUCKLE KIT及びSUPER KNUCKLE KITはノーマルと限りなく同じアッカーマンアングルに設計していますので、ノーマルと同じ感覚でハンドル操作が可能です。